だしが料理の決め手です|通販で人気商品を手に入れよう

トラック

見直される日本の食文化

食事

手軽で本格的な味が人気

和食の基本と言えば「だし」です。鰹節や昆布で取った本格的なだしが、見直されるようになってきました。現代の日本人は塩分の取り過ぎが指摘されていますが、だしをしっかりと取れば料理に味がつくので、塩分を控えることができます。だしを取るには昆布を一晩中水につけて置いたり、鰹節を削ったりと面倒なイメージがあるかもしれませんが、最近は手軽に本格的なだしが取れる「だしパック」や、計量カップがセットになったものもあり、昔ほど手間はかかりません。だしパックは使用した後にチャーハンに入れたり、お好み焼きの生地に混ぜるなどして楽しむこともできます。個包装なので、一人暮らしの人や、忙しい人でも使いやすいのが人気の秘密です。

原材料に注意しよう

お手軽なだしパックは、小魚の骨まで粉末になって入っていたり、天然の旨みを楽しめる事が良い点ですが、中にはそのまま飲めるように味付けされているものもあります。食塩や醤油が入っていて「うどんつゆ」のような味がするものもあるので、購入する際は原材料名を確認する必要があります。素材の味を楽しんだり、料理に使う場合は、できるだけ味付けされていないものを選ばなくてはいけません。塩分を減らすつもりでだしを取っているのに、逆効果になってしまうこともあるからです。ほとんどの商品に食塩相当量が記載されているので、塩分が気になる人は確認してください。自分の好みや用途に合わせて選べば、だしの良さを実感できることは間違いありません。