だしが料理の決め手です|通販で人気商品を手に入れよう

トラック

旨みをひきたてる存在

スープ

お手軽においしく

日本でだしといえば、やはり鰹節や昆布、シイタケや煮干しなどが一般的にポピュラーな存在で、昔はだし専用の材料をそろえ、手作りでそれらからだしを取り、料理に使用していました。しかしそれでは料理の時間もかなりかかるため、忙しい現代ではなかなかそういったことは難しくなりつつあります。そこで料理時間を短縮するための粉末状のだしが市販されるようになり、それならばただその粉末をお湯やスープなどに溶かすだけで美味しいだしを味わうことが可能となっています。また最近では粉末だけでなく固形状のものも存在しており、日本料理に限らず中華料理やフランス料理など、その国によってバリエーションも豊富であるために、さまざまな素材のだしを楽しむことが出来ます。

国別の特徴

だしにもそのお国柄というものがあり、日本の場合は鍋や煮物によく用いられますが、他にも和え物や汁物などにも利用されています。そして基本的に料理を作る前に乾物からだしを取るという特徴があり、このように独立した作業で行うことは、日本料理独自の特徴でもあります。また同じ日本国内でも地域によって独自の作業工程や食材を使用する場合もあり、バリエーションも豊富です。対する海外のものでは、日本と違って料理を煮込む際にだしが出るという特徴があります。フランス料理の場合は一番有名なのはブイヨンとフォンの二種類で、ブイヨンはポタージュなどのスープ類の土台となり、フォンは煮込み料理やソースに使用されます。そして中華料理では動物性のホウタンと植物性のスウタンがあり、油を使用した料理に合うコクの強さが特徴的です。